育児日記~キミが小さかったころママは~

息子との大切な時間を綴っていきます。

4歳

幼児とスキー場で楽しく過ごす方法!2018シーズン初の雪遊び【仙台市泉ヶ岳スキー場でそり遊び】

雪が降ったどーーー!! 仙台市中心部では、昨日12月8日が初冠雪でした。 ちなみに仙台市内から一番近い泉が岳スキー場では、11月23日に既に初冠雪だったみたいです。 蔵王山は11月1日が初冠雪。 平年よりも遅いんですって。 これはもしや、夜明けには積雪が…

年中そり遊びが出来る!『ひがしねあそびあランド』親子のお出掛けスポットおすすめ/山形県東根市

「ママ~、山形の公園に行きた~い」 週末になると必ずリクエストされるほど、愛息はこの公園が大好き。 それは、山形県東根市にある『ひがしねあそびあランド』 子どもの「やってみたい!」という気持ちを大切に 遊びについての禁止は、できるだけしないと…

『手足口病看病記』口内炎激痛!母子共に地獄だった5日間

愛息が4歳にして初めて手足口病になりました。 ある日のこと、珍しく保育園から電話がきました。 「全然元気がなくて、食事もとらないんですー」とのこと。 普段病気をすることもなく、体力のある丈夫な子なので不思議に思い、午後早々にお迎えに行きました…

「ボクの家にはパパがいない」

2年前、愛息が2歳の時に離婚をした。 父親と一緒に暮らしていたことは愛息は覚えていない。 一緒に暮らしていたときから 家庭内別居状態で会話がなかったことも知らない。 私たち夫婦は愛息の目の前でケンカをしたこともない。 私たちが愛息に与えた表面上…

行楽日和に起こりうる親の叫び

3連休ですね。 我が家は、遠出こそしませんが 近くの大きな公園をハシゴして おもいっきり体を動かして満喫してきました。 公園へ行くことを愛息には伝えずに車で出発。 公園の赤い滑り台が見えると 愛息 「うわぁ、ここに来たかったんだよ~ ずっと我慢して…

子ども同士で約束してきたおもちゃの貸し借り

夕食を終え、ゆっくりしていた時のこと。 愛息 「〇〇君に シンカリオンのDVD貸してあげるんだよ」 家で保育園の話はするけれども お友達の名前が出てくることは今までなかったので ママはビックリしました。 「貸す?」ってどーゆーこと? ママ 「シンカリ…

消防訓練での放水体験

消防訓練があったので、愛息と一緒に参加してきました。 「10時に警報器がなります」と事前に連絡があったにもかかわらず、 実際に警報器がなり出すと緊張感があり怖いものです。 愛息もガタガタ震えだして「ママ、怖いよ~」と抱っこちゃん。 訓練ではエレ…

まだまだお昼寝は必要です。夕方は眠いよ~

前に通っていた保育園では、以上児さんはお昼寝は自由だったのですが、お昼寝(午睡)はその園によるんですね。 今通っている保育園では、年長さんまで毎日お昼寝があります。 午前中、たくさん身体を使って遊ぶ分、お昼寝はぐ~っすり寝ているようです。 そ…

4歳児との交渉術と感情的になったあとのフォロー

幼い頃、愛息は「あれがほしい!これがほしい!」と言ったことはなかったのですが (今でも十分幼いですが・・・) 最近は自分の欲しいものに対して、なぜそれが欲しいのか、なぜ今なのか、という理由をしっかりと説明するようになってきました。 4歳にして…

ポケットに栗

保育園へお迎えに行った時のこと。 息子のポケットに栗が二つ入っておりました。 季節的には間違っていないので保育園から頂いたものだと思い 「何それ?今日のおやつ栗だったの?」 「うん」 「みんなもらったの?」 「うん」 「持って帰っても大丈夫なの?…

なかなか上手にならないママチャリの運転

季節は秋になり日差しも柔らかく風も心地いい。 こんな気持ちの良い時期は今だけだとママチャリであちこち出かけております。 後ろに息子をのせてのチャリ走行となると相変わらずのバランスの悪さでふらつきます。 体幹が弱いんでしょうか。 横に車が来たり…

ゼリーの行き先は

「ゼリーは お〇っこになるの? う〇ちになるの?」 お下品なネタですが、こんな質問が息子から寄せられました。 「ママは お〇っこになると思うよ」 「僕は う〇ちだと思う」 「絶対 う〇ちだよ」 大人の知識から言うと ママの方が正しいのでしょうが 子供…

公共機関の乗り物は1時間が限界

車ばかりに乗っているので、バスや地下鉄、JRに乗ることは1ヶ月に1〜2回程の生活を送っています。 最近新幹線に乗りまして愛息はドキドキワクワク! 私もいろんな意味でドキドキ… 騒がないだろうか お漏らししないだろうか お茶をこぼさないだろうか などな…

「ボクね、ママのこと大好きなんだよ」

「僕ね、ママのこと大好きなんだよ」と言う愛息。 素直な気持ちを言葉にしてくれて、純粋に母親として嬉しい。 けれども、ついついその言葉の裏側を探ってみたりもする。 息子に寂しい思いをさせているのではないか・・・ 思わず傷つく言葉を言ってしまったので…

愛息のこだわり

愛息を見ていて、感じることがある。 私は、母はこうであるべき、親はこうであるべき、家族とは、主婦とは・・・ という重圧に押しつぶされそうになった時期があった。 今でもたまにそのように感じてしまって、はっと気づかされるという場面も多くある。 初夏の…

集合住宅での体を使った遊びのボーダーラインとは

ブロックやジグソーパズルなど、集中する遊びは得意な愛息です。 2歳の頃からジグソーパズルは40ピースを難なくこなし、 ブロックも壮大なスケールの何か(たぶん武器か乗り物?)を作り上げています。 それでもやっぱり子供なので体を動かす遊びは大好き! …

スキンシップは心の安定剤【2年半振りの投稿です】

今日は保育園のレクリエーションでした。 会場となるホールへの移動の際、 「抱っこしてー」 「歩きなさい」 「抱っこーーー」 「みんな歩いてるよ」 とのやりとりで 愛息はすっかりいじけてしまいました。 背中を向けて座り、「プイッ!」とほっぺを膨らま…