育児日記~キミが小さかったころママは~

息子との大切な時間を綴っていきます。

散歩で気付かされた息子の成長

今日は秋晴れで気持ちがいい。

「お外に行くよ~」

靴下を履くとお出掛けだと分かるみたい。
玄関でお座りをして片足ずつ上げて「靴履かせて~」とアピール。

スゴいね~!
コミュニケーション成立!

自宅前の道路を何度かウロウロ。
トロールでもしてるのかな?

納得したのか玄関にあるベビーカーを手でポンポン!

「乗ってお出掛けしたいのね」

どこに行こうかな。
今日は暖かいし、河川公園まで行ってみようか。
以前はバスで行ったんだけど、歩けるかしら?
愚図ったら引き返したらいいし、大丈夫さ。

愛息は1歳5ヵ月。
ママが言っていることも理解出来るようだし、自己主張もハッキリしてる。

いつの間にか、赤ちゃんから子供になったんだね。

歩くこと30分、青空がキレイだな~というか、メチャクチャ汗だくだし!
今日は20℃になるんだっけ?
こんな日にヒートテックなんて着て来るんじゃなかった。

晩秋の時期っていうの?
天気が良くても風が冷たかったりするから、出掛けるとき何を着たらいいか分からなくなるよ。

公園は犬の散歩チラホラ、ベンチで休む人、ランニングやウォーキングをする人がいた。
週末はバーベキューをする人たちも多く、整備された河川敷を楽しむ市民で賑わっている。

わぉっ!水たまり・・・
昨日まで雨だったからか。
この季節は一晩では乾かないよね。

ボクちゃんは、石や落葉を拾ったり、丸太に登ったりと自由に遊んでいる。
草木や土など自然に囲まれた所では、どんな遊び方をするのかママは黙って見守るだけ。

土を触って感触を確かめているのかもしれない。
落葉の色や大きさを比べているのかもしれない。

空をしばらく見上げている時もある。
風の匂いから季節を感じているのかもしれない。

鳥やヘリコプターを見つけては指差しをしてママに教えてくれる。
堤防を走るトラックやゴミ収集車にも興味深々。

どちらの方向へ歩こうが自由だよ。
ボクちゃんが興味のあることにママも興味があるからね。

遊具は何もないけれど、ボクちゃんのいろんな表情を見ることが出来るこんなゆ~ったりとしたお散歩はママは一番大好き。

ホントに、もう赤ちゃんじゃないんだね。
子供なんだと気付いた瞬間、もうひとつママは気付いたよ。

私、やっと余裕が出てきたかもしれない。