育児日記~キミが小さかったころママは~

息子との大切な時間を綴っていきます。

図書館で借りた絵本に大爆笑する愛息

f:id:routefree001:20180920200825j:plain

 
 
4歳にして初めて図書館で本を借りてきました。
 
初めてなんです!初めて!!
 
愛息は、赤ちゃんの頃から絵本が好きで、
同じ絵本を何度も何度も読み聞かせをしていました。
 
それも朝起きてすぐ、お布団の中で。
 
あんなに絵本が好きだったのに(今も好きですが)
私が働くようになってからは、絵本を新調することもなく
本棚にはずーっと同じ絵本だけ。
 
メルカリやヤフオクで買おうかと検索もしたことはあるけど
購入するには至らず。
 
心のゆとりがないと、図書館でタダで借りるという選択肢も思いつかずにいました。
 
 
初めて借りた絵本は3冊。
 
 
① クマノミのおさんぽ
文:羽田美智子 写真:広部俊明
 
絵本というか写真ね。
ファイディングニモでも有名なカクレクマノミが、海のおともだちを紹介してくれるよ。
クマノミのおさんぽ: ぴっかぴかえほん
 

 

 
② でてくる でてくる
作・絵 岩田明子
 
夜の公園からいろんな動物が、ぶにょ~!ぶにゅ~!と出てきます。
最初は、夜だしどうなるんだろうと少しドキドキしてしまいましたが
ぶにゅ~!の効果音に愛息はハマッて大爆笑!
「もういっかい!!」と何度もリクエストされました。
でてくる でてくる

でてくる でてくる

 

 

 
③ うんちのちから
文 ホ・ウンミ 絵 キム・ビュンホ 訳 しん もとか
 
愛息は、「う○ち」 「お○っこ」 「お○ら」 などのお下品な言葉が大好きなお年頃。
ならば、世界中のう○ちがどのように動物社会で役立ち、
生命が保たれているかを読んで聞かせようと選抜。
そんな深い理由はさておき、ただ笑って「くっさ~い」と楽しそうにしておりました。
うんちのちから (主婦の友はじめてブック―おはなしシリーズ)

うんちのちから (主婦の友はじめてブック―おはなしシリーズ)

 

 

 
 
図書館への返却は2週間後なので、ゆ~っくりと親子で楽しめそうです。
 
今回は私ひとりで借りてきたけど、今度は愛息も一緒に連れて行こう。